調剤薬局でのブランクがあったけれど薬剤師の資格を活かせた

ブランクがあっても薬剤師として転職成功

大学は薬学部へ進学薬剤師として働きたいが、ブランクがあるブランクがあっても薬剤師として転職成功

そのお店には調剤薬局もあるので、先輩薬剤師さんと話をすることもできましたし、自分が現在試験を受けることを伝えると激励を貰うこともできたのです。
年齢的には上の人ばかりでしたが、どのような理由で現在の職業を選らんのか、ランチのときやお店の中で定期的に行われる飲み会などで話を聞くことができました。
翌年の国家試験では見事合格点を頂き、めでたく資格を持つことができたのですが、就職先が中々見つからなかったため、バイト先のおお店の調剤薬局で働くことにしました。
給料はそれほど安くはありませんでしたが、他の仕事と比べると給料が安かったため資格があるけれども別の業界に進むことにしました。
しかしながら、数年経過したときに病院内の調剤業務が削減されて街中にある薬局で医薬品の提供が行われるようになるなど、ブランクがあったので不安もありましたが応募することにしたのです。
就職したところは調剤業務を主体としている薬局で、薬剤師だけがいるお店でした。
調剤薬局でのブランクがありましたが、人員が不足していることからも即採用となりました。
お店ごとにやり方があるので、それを把握するためにも最初は見習いといったスタイルで仕事を覚えることができましたし、諸先輩方は親切なひとばかりだったので働きやすいお店に再就職できて良かったです。